gosyuincho-case.jpg
総桐仕上げの豪華御朱印帳ケース! 千糸繍院 御朱印帳ケース / 御朱印帳保管用 総桐箱 12冊用

『御朱印マップ』に関するお問い合わせは、下記の記事のコメントでお寄せ下さい。

お問い合わせ用記事

秋の京都、青蓮院の将軍塚です✨ - Spherical Image - RICOH THETA
ワンショットで360°全天球写真・動画が撮れる! RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720

2015年05月29日

3.13 - Apps with screenshots, previews, and 〜 でRejectされました

iTunes ConnectIn App Purchase関連でアプリが却下されてしまいました。

原因は、アプリ内に課金コンテンツがあることを、明示的に説明していないためのようです。

iPhoneアプリ『御朱印マップ』のバージョンアップ版(Ver.2.1)が本日Rejectされてしまいました。

Rejectの際のメッセージは以下の通りです。

3.13 - Apps with screenshots, previews, and marketing text that do not clearly identify supplemental content or items that must be purchased separately (e.g. using IAP) will be rejected



3.13 Details

Your app metadata does not clearly identify supplemental content or items that must be purchased separately. Specifically, the Application Description doesn't describe supplemental content requires In-App Purchase.

Next Steps

Please remove these references, or clearly mark these features as separate purchases to ensure that users accurately understand the included content in your app.

Since your iTunes Connect Application State is Metadata Rejected, we do NOT require a new binary. To revise the metadata, visit iTunes Connect to select your app and revise the desired metadata values. Once you’ve completed all changes, click the “Submit for Review” button at the top of the App Details page.

NOTE: Please be sure to make any metadata changes to all App Localizations by selecting each specific localization and making appropriate changes.

簡単に和訳すると、こんな感じの内容です。

【意訳】
3.13 - アプリのスクリーンショット、プレビュー、そしてマーケティングの文言で、(例えばIAPを使用して)購入する必要がある補足コンテンツやアイテムを明示していないアプリは却下されます。



3.13 詳細

あなたのアプリのメタデータは、購入する必要がある補足コンテンツやアイテムを明示していません。
具体的には、アプリ内購入が必要な補足コンテンツに関する記述が、アプリの説明にありません。

次のステップ

これらの参照を削除するか、ユーザーが明確にあなたのアプリに含まれるコンテンツを理解できるように、別途購入が必要な機能を明確にして下さい。

あなたのiTunes Connectのステータスは「Metadata Rejected」なので、新しいバイナリは不要です。メタデータを修正するには、iTunes Connectでアプリを選択し、メタデータの内容を修正して下さい。全ての修正が完了したら、アプリの詳細ページの上部にある「レビューに送信する」ボタンをクリックします。

注:あらゆるメタデータの変更については、各地域を選択し、全ての地域(言語)を正しく変更するよう気を付けて下さい。

なるほど。
In App Purchaseの説明がないということですね。

前回、初めてIn App Purchaseの機能とコンテンツをリリースしたVer.2.0では、この指摘はありませんでした。

一度In App Purchaseの機能をリリースして、次にリリースする時に指摘が来るのでしょうか。

対策としては簡単に、アプリの説明の最後に以下の文言を追加しました。

※一部有料コンテンツがあります。

Ver.2.1のリリースまで、今しばらくお待ちください。



【追記】

上記修正の2日後、5月31日(日)に無事リリースされました。

ico_GOSYUIN-Map.png

iPhoneで御朱印集めを楽しくするアプリ『御朱印マップ』を公開しています。ダウンロードはこちらからどうぞ。

この記事が参考になったら下記バナーをクリック!
ランキングUPにご協力をお願いします。m(_ _)m

posted by o(^0^)o ほくほく at 19:38| Comment(0) | iTunesConnectメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

2.23 - Apps must follow the iOS Data Storage Guidelines でRejectされました

iTunes ConnectiCloudのバックアップ問題でiPhoneアプリが却下されてしまいました。

原因は、ユーザーが作成したデータではないものが、iCloudのバックアップで大きなサイズを占めていたためです。

iPhoneアプリ『御朱印マップ』のバージョンアップ版(Ver.1.1)が本日、またRejectされてしまいました。
リリースをお待ち頂いている皆様、お待たせしてしまい申し訳ありません。

2月12日(木)にレビュー申請。
2月21日(土)にレビュー開始。
2月22日(日)に却下されてしまいました。

Appleから来たメッセージは以下の通りです。

2.23 - Apps must follow the iOS Data Storage Guidelines or they will be rejected

2.23 Details

On launch and content download, your app stores 18.67 MB, which does not comply with the iOS Data Storage Guidelines.

Next Steps

Please verify that only the content that the user creates using your app, e.g., documents, new files, edits, etc. is backed up by iCloud as required by the iOS Data Storage Guidelines. Also, check that any temporary files used by your app are only stored in the /tmp directory; please remember to remove or delete the files stored in this location when it is determined they are no longer needed.

Data that can be recreated but must persist for proper functioning of your app - or because users expect it to be available for offline use - should be marked with the "do not back up" attribute. For NSURL objects, add the NSURLIsExcludedFromBackupKey attribute to prevent the corresponding file from being backed up. For CFURLRef objects, use the corresponding kCRUFLIsExcludedFromBackupKey attribute.

Resources

To check how much data your app is storing:

&nbps; &nbps; - Install and launch your app
&nbps; &nbps; - Go to Settings > iCloud > Storage > Manage Storage
&nbps; &nbps; - Select your device
&nbps; &nbps; - If necessary, tap "Show all apps"
&nbps; &nbps; - Check your app's storage

For additional information on preventing files from being backed up to iCloud and iTunes, see Technical Q&A 1719: How do I prevent files from being backed up to iCloud and iTunes.

If you have difficulty reproducing a reported issue, please try testing the workflow described in Technical Q&A QA1764: How to reproduce bugs reported against App Store submissions.

If you have code-level questions after utilizing the above resources, you may wish to consult with Apple Developer Technical Support. When the DTS engineer follows up with you, please be ready to provide:
- complete details of your rejection issue(s)
- screenshots
- steps to reproduce the issue(s)
- symbolicated crash logs - if your issue results in a crash log

If you feel that this rejection was made in error, and believe your app is in compliance with the App Store Review Guidelines, you may submit an appeal to the App Review Board. Please allow up to one business day for an initial response from the App Review Board.

簡単に言うと、
「あなたのアプリは、ダウンロードして起動するだけで18.67MBもiCloudにバックアップされれています。iCloudのバックアップ領域はユーザーが作成したデータの保存先なので、それだけをバックアップするようにして下さい」
という指摘です。

いや〜、これは本当に申し訳ありません。
アプリをつくるときに、iCloudのバックアップ容量まで考えていませんでした・・・

私のアプリは、初回起動時に、サンプルデータを生成してCoreDataに格納するようにしています。
ユーザーさんが作成する参拝記録も、同じCoreDataに格納。
そしてこのCoreDataのファイルが、iCloudのバックアップ対象となっているわけです。

例によって、ネットで同様のRejectになった人がいないか調べたところ、こういう記事を見つけました。

  ◆(:3[kanのメモ帳]

大変参考になりました。

それで、対策をいろいろ考えました。

  @CoreDataをバックアップから外してしまう。
  Aサンプルデータを生成しないようにする。
  Bサンプルデータを、CoreDataに格納せずに表示できるようにする。

Bが、コード修正量も多くて一番大変。

@を一瞬検討しましたが、やっぱり自分が作成したデータがバックアップできないというのは、ユーザーさんとしては嫌かなと。

Aも検討したのですが、やっぱりサンプルデータがないと、ユーザーさんにアプリの効果が伝わりにくいと思うんですよね。

結局Bの対策を選択し、1日がかりで相当のコードを修正しました。
併せて、今現在ダウンロードしてくださっているユーザーさんは既に大きなサンプルデータが生成されてしまっていますので、CoreDataに入ったサンプルデータを削除する処理も追加。

修正を終え、2月22日(日)夜にAppleに再度レビュー申請しました。

ユーザーの皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
引き続きAppleの指導に従いながら、良いアプリにしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

2015/03/01追記

本日、アプリがAppleのレビューを無事に通過し、リリースされました。

ico_GOSYUIN-Map.png

iPhoneで御朱印集めを楽しくするアプリ『御朱印マップ』を公開しています。ダウンロードはこちらからどうぞ。

この記事が参考になったら下記バナーをクリック!
ランキングUPにご協力をお願いします。m(_ _)m


posted by o(^0^)o ほくほく at 23:59| Comment(0) | iTunesConnectメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

PLA 3.3.12でアプリがRejectされました

iTunes Connect初めて、iPhoneアプリのレビューで却下されました。

原因は様々あるようですが、私の場合はどうやら広告表示関連で、申請時のIDFAの選択が間違っていたようです。

iPhoneアプリ『御朱印マップ』のバージョンアップ版(Ver.1.1)が本日、Rejectされてしまいました。

2月1日(日)にレビュー申請。
2月6日(金)に「in Review」のステータスになってから6日間。
2月12日(木)の本日、Rejectになってしまいました。

却下の際に来た連絡は以下の通り。

PLA 3.3.12

We found that your app uses the iOS Advertising Identifier but does not include ad functionality. This does not comply with the terms of the iOS Developer Program License Agreement, as required by the App Store Review Guidelines.

Specifically, section 3.3.12 of the iOS Developer Program License Agreement states:

"You and Your Applications (and any third party with whom you have contracted to serve advertising) may use the Advertising Identifier, and any information obtained through the use of the Advertising Identifier, only for the purpose of serving advertising. If a user resets the Advertising Identifier, then You agree not to combine, correlate, link or otherwise associate, either directly or indirectly, the prior Advertising Identifier and any derived information with the reset Advertising Identifier."

Note: iAd does not use the AdSupport framework, ASIdentifierManager, or the Advertising Identifier. Therefore they are not required for iAd implementations and should not be included in your app for iAd support.

If your app is serving ads, please:

- Ensure that you have tested your app on a device, not just the simulator, and that you have removed all previous versions of your app prior to testing

- Provide us the steps to locate ads in your app

If your app does not serve ads, please check your code - including any third-party libraries - to remove any instances of:

class: ASIdentifierManager
selector: advertisingIdentifier
framework: AdSupport.framework

If you are planning to incorporate ads in a future version, please remove the Advertising Identifier from your app until you have included ad functionality.

To help locate the Advertising Identifier, use the “nm” tool. For information on the “nm” tool, please see the nm man page.

If you do not have access to the libraries' source, you may be able to search the compiled binary using the "strings" or "otool" command line tools. The "strings" tool lists the methods that the library calls, and "otool -ov" will list the Objective-C class structures and their defined methods. These techniques can help you narrow down where the problematic code resides.

ネットで調べると、同じ却下文章を受け取っている人はかなりいる模様です。

この英語の文章を一生懸命読んでも、何が悪かったのかよくわからない・・・
ということでネットで調べた結果、下記のサイトが大変参考になりました。

  ◆PLA 3.3.12でリジェクト 解決方法&まとめ

それで、自分では特に思い当たるソースコードもないので、上記サイトの「解決方法 ケース1」に従って、実際に広告が表示されている画面のキャプチャを送ってみたのですが・・・

10分後、すぐに返信が来ました。

Hello,

Thank you for your reply.

(以下同文)

むう、iAdを実装しているのに、広告が表示されていないと言っているのかな?
ならばということで、広告が表示される条件を書いて返信しました。

そうすると、2時間後にまた返信が。

Hello,

Thank you for your reply.

As we previously communicated, (以下同文)

むむむむむ、わからーーーん!!

それでさらに調べてみたら、下記サイトに行きつきました。

  ◆iAdはAdvertising Identifier (IDFA)を使用していないということ

そうなんですよ。

『御朱印マップ』は、単純にiAdを表示しているだけなのに、私はアプリレビュー申請の時にIDFAを「使用している」と回答してしまっていたんですよね。
広告を表示するなら、そう答えるものだと思って・・・
(実は、以前のバージョンからずっとそうしているのですが)

ということで、本日先ほど、同じバージョンを再度レビュー申請しました。
IDFAで「いいえ」を選択して・・・

これでうまくいくかどうかは、またこの記事をUpdateしたいと思います。

どうか通りますように!

2015/03/01追記

本日、アプリがAppleのレビューを無事に通過しました。
やはり、iAdを表示するだけであれば、IDFAで「いいえ」と答えれば問題ないようです。

ico_GOSYUIN-Map.png

iPhoneで御朱印集めを楽しくするアプリ『御朱印マップ』を公開しています。ダウンロードはこちらからどうぞ。

この記事が参考になったら下記バナーをクリック!
ランキングUPにご協力をお願いします。m(_ _)m


posted by o(^0^)o ほくほく at 20:24| Comment(0) | iTunesConnectメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

Appleの審査期間がわかるWEBサイト

iTunes ConnectiTunes Connectにアプリを登録したのに、なかなか審査されない!

そんな時に役立つ、Apple Storeのレビュー期間がわかるWEBサイトをご紹介します。

先週こちらの記事に書いたように、iPhoneアプリ『御朱印マップ』の修正バージョンをiTunes Connectに登録しています。

でも、なかなかレビューが開始されないんですよ〜(+o+)

先週金曜日夜に登録して、今は翌週の土曜日。
待ち遠しくて仕方がありません・・・まだ慣れてないから。

一般的には、アプリの新規公開は2週間、アップデートは1週間ぐらいと、何かの本で読みました。
ただし、状況によって変動するとも。

そこで、「今時点ではどのくらいの期間がかかるの?」と思って調べてみたら、そういう情報を公開しているサイトがありました。

  ◆Average App Store Review Times

このサイトは、アプリ開発者からの投稿による情報を集めて、こんな感じで表示してくれています。

20150124_AASRT.jpg

これによると、今はだいたい8日ぐらいかかるみたいです。

いずれにしても待つしかないわけですが、それでもやっぱり自分が開発したものが世に出るというのはいろいろと気になるもの。
そんな時に、このサイトは役に立つと思います。

ico_GOSYUIN-Map.png

iPhoneで御朱印集めを楽しくするアプリ『御朱印マップ』を公開しています。ダウンロードはこちらからどうぞ。

この記事が参考になったら下記バナーをクリック!
ランキングUPにご協力をお願いします。m(_ _)m

posted by o(^0^)o ほくほく at 12:47| Comment(0) | iTunesConnectメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

iPhoneアプリのバージョンアップの方法(3)

iTunes Connectアプリをバージョンアップする手順の3番目、最後です。

XcodeからアップロードしたバイナリをiTunes Connect上で登録し、レビュー提出します。

iPhoneアプリのバージョンアップの方法(2)の続きです。
今回で最後の手順となります。

前回、Xcodeからアップロードしたバイナリを、iTunes Connect上で設定していきましょう。

(3)iTunes Connectで「レビューへ提出」する。

もう一度iTunes Connectにアクセスして、ログインしましょう。

  ◆iTunes Connect

20150112_02_001.jpg

ログインしたら、「マイ App」をクリックし、さらにバージョンアップしたいアプリを選択するのも前回と同様です。

20150112_04_001.jpg

アプリの情報を表示したら、画面中ほどを確認します。
Xcodeからバイナリのアップロードが成功していると、「ビルド」の横に+マークが表示されています。
ここをクリックしましょう。

20150112_04_002.jpg

追加したバイナリを選択して、「終了」をクリックします。

20150112_04_003.jpg

ビルドの設定が終わったら、画面右上の「保存」をクリックしましょう。

20150112_04_004.jpg

保存が完了すると、レビューに提出できるようになります。
「レビューへ提出」をクリックしましょう。

20150112_04_005.jpg

レビューへの提出プロセスが始まります。
画面下部の確認事項に回答した上で、右上の「送信」をクリックします。

20150112_04_006.jpg

問題なくプロセスが進むと、新しいバージョンが「レビュー待ち」のステータスで表示されます。
これで、バージョンアップの登録作業が完了しました。

あとは、Appleのレビュー待ちですね。
無事審査を通りますように・・・

◆iPhoneアプリのバージョンアップの方法◆
(1)iTunes Connectで「新規バージョン」を作成する。
(2)Xcodeでアプリを「Validate」⇒「Submit」する。
(3)iTunes Connectで「レビューへ提出」する。

ico_GOSYUIN-Map.png

iPhoneで御朱印集めを楽しくするアプリ『御朱印マップ』を公開しています。ダウンロードはこちらからどうぞ。

この記事が参考になったら下記バナーをクリック!
ランキングUPにご協力をお願いします。m(_ _)m

posted by o(^0^)o ほくほく at 16:59| Comment(0) | iTunesConnectメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhoneアプリのバージョンアップの方法(1)

iTunes ConnectiPhoneアプリのバージョンアップ版をリリースする手順です。

バージョンアップには、iTunesConnectとXcodeの両方で作業をする必要があります。

iPhoneアプリの初回リリースを、Appleのドキュメントを見ながらなんとかやりきったのも束の間。
リリースしたアプリに気になるところがあって、バージョンアップすることにしました。

「どうやってバージョンアップするんだろう?」

何事も初めのうちは、知らないことだらけ。

そこで今回は、バージョンアップを自分でやってみたメモを残しておこうと思います。

手順は、大きく以下の3つでした。

(1)iTunes Connectで「新規バージョン」を作成する。
(2)Xcodeでアプリを「Validate」⇒「Submit」する。
(3)iTunes Connectで「レビューへ提出」する。

まず今回は、「(1)iTunes Connectで「新規バージョン」を作成する。」について書きたいと思います。


(1)iTunes Connectで「新規バージョン」を作成する。

まずiTunes Connectにアクセスして、自分のID・パスワードでログインします。

  ◆iTunes Connect

20150112_02_001.jpg

ログインしたら、「マイ App」をクリックし、さらにバージョンアップしたいアプリを選択しましょう。

20150112_02_002.jpg

アプリを表示したら、画面右上の「新規バージョン」をクリックします。

そうすると、Stroeバージョン番号の入力欄が表示されます。
App Storeで表示されるバージョン番号になります。

今回私は、バージョン1.0のバグ修正だったので、1.0.1を入力しました。

20150112_02_003.jpg

「作成」ボタンをクリックすると、元の画面に戻ります。
そうしたら次は、画面中ほどにある「このバージョンの最新情報」に、バージョンの説明文章を入力します。
ここに記入した文章は、App Storeでユーザーにも表示される内容です。

20150112_02_004.jpg

入力が終わったら、画面右上の「保存」をクリックしましょう。

ここまでで、iTunes Connect上での作業は一旦終了です。
次は、Xcodeでアプリのバイナリを作成します。

◆iPhoneアプリのバージョンアップの方法◆
(1)iTunes Connectで「新規バージョン」を作成する。
(2)Xcodeでアプリを「Validate」⇒「Submit」する。
(3)iTunes Connectで「レビューへ提出」する。

ico_GOSYUIN-Map.png

iPhoneで御朱印集めを楽しくするアプリ『御朱印マップ』を公開しています。ダウンロードはこちらからどうぞ。

この記事が参考になったら下記バナーをクリック!
ランキングUPにご協力をお願いします。m(_ _)m

posted by o(^0^)o ほくほく at 15:47| Comment(1) | iTunesConnectメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする